男性

ホイールの基礎知識|購入時に気をつけること

寒い地方を走る対策

タイヤ

いつ何時雪が降るか分からないような地方ではスタッドレスタイヤとタイヤチェーンは欠かせません。雪などの冷たい温度では、通常のタイヤの場合は簡単にグリップ力を失ってしまい危険な状態となるため、すぐにスタッドレスタイヤに履き替えましょう。

詳しく見る

タイヤの性能と種類の違い

車輪

タイヤはゴムを材質として作られていて、いろいろな溝のパターンがあります。それは単純なものでなく、走行の際のスリップや雨天時の運転などを計算してつくられています。

詳しく見る

タイヤのバランス

自家用車

タイヤ交換の際は、窒素充填やバルブ交換、バランス調整などを行なってくれますがそれぞれの値段は依頼する場所によって違います。それらの値段はその店舗でタイヤ購入して交換するのかどうかによって異なる場合もあります。

詳しく見る

見た目に影響するパーツ

ホイール

車のホイールにはいろいろなサイズや種類があります。ホイールを履き替える場合は自分の車についているタイヤのサイズやホイールハウスの大きさなどをある程度把握しておくことが必要です。まず、ホイール購入で注目したいのは円の大きさを表すインチです。このサイズを変更するだけでも見た目に大きな影響を与えます。元々履いているタイヤをそのまま利用するのであればそのタイヤの内径サイズも把握しておきましょう。次にホイールの横幅です。一般的に「J」という表記で表され、このJ数によって幅が決まります。「J」という単位は1インチを指すもので、1インチは2.54cmです。J数は車種によって入るサイズが異なるので、分からない場合は販売店の方に確認してみましょう。
ホイールに詳しい方は2ピースタイプのホイールを購入する人もいます。2ピースはディスクとリムの2パーツによる構成で、好みの組み合わせでホイールを作ることができるメリットがあります。このようにホイールと一口では言い表しきれないほどの種類があるのです。ホイールの購入で気をつけなければならないのが、ディスクの形状とオフセットです。形状によっては純正のキャリパーに接触してしまったり、オフセットが合わなければフェンダーから飛び出してしまったり、もしくは逆にホイールハウス内に擦ってしまうこともあります。購入後になってそれに気づいてしまったという場合でもロングボルトとスペーサーを使うか、ワイドトレッドスペーサーをつけることで対処できる場合もあります。